30年の健康オタクで健康生活へ 本物の健康法&食品とは?

生まれつき虚弱体質だった健康オタクが、30年かけて本物の健康法&食品を探し続けた体験記

健康オタクになるまで

Pocket

 

私が、どうして健康オタクになったのか?

その話をちょっとしたいと思います。

 

私は、小さい頃、周りの子供たちに比べ、

身体がとても弱かった。

そして、

当時、母親は、朝の8時から夜の8時ごろまで

働いていたので、私の事にあまり構って

いられない状態だったと思います。

なので、

ちょっとした微熱くらいの風邪でも、

母は私をすぐに病院に連れて行き、クロマイという

抗生剤の注射打ってもらいました。

母親としては、子供の風邪ぐらいで仕事を休むのは

難しいと思っていたのだと思います。

それで、抗生剤を打てば、すぐ風邪が治ると

思っていたのでしょう。

 

これは、私の考えですが、抗生剤を小さいうちに、

むやみに使ったら、自分の本来の免疫力が、

弱くなると思います。

 

そのせいなのか、高熱の出る風邪に、

しょっちゅう罹りました。

しかも治りが遅く、一度治ってから、ぶり返す事が、

多いので、1度の風邪で、3週間ぐらいは、

体調の悪い状態が続きます。

 

夏も夏風邪暑さ負けで熱を出したりしていました。

高熱の出る重い風邪は一年のうち5,6回は、

引いていたし、鼻かぜなどの軽い風邪も含めると、

1年の3分の2くらいは、風邪引いて調子悪い

という状態でした。

 

さらに、インフルエンザも、年一回は必ず引いていました

予防注射は打っていたのですが、それでも、

感染していましたね。

 

喉が弱く、扁桃腺炎咽頭炎によく罹りました。

アレルギー性鼻炎が常にあり、いつも鼻がつまっていて、

口呼吸というのもあって、喉が弱かったのだと思います。

 

胃腸も弱かった。

しょっちゅう胃痛、下痢になりました。

 

肌も酷かったですね。

冬は、手はいつもアカギレで、血だらけだし、

乾燥肌、アトピーのような痒みのある皮膚炎

まであった。

 

少なくとも、1年のうちのほとんどは、

何かしらの疾患があり、半病人状態でした。

 

子供ながらに、毎日が辛くて、本当に自分が嫌でした。

 

周りは健康優良児ばかりで、たまに風邪引いても、

1日ですぐ治って登校してくるなど、自分とはあまりに

違うので、余計に落ち込みました。

 

どうして、自分はみんなと違うんだろう?

 

何かイベントや旅行があっても、いつ具合が、

悪くなるのか分からないので、楽しみではなく、

不安の材料にしかならなかったです。

 

社会人になっても、虚弱体質は相変わらずでした。

風邪を引いても、そう簡単には休めないので、

こじらせる事が多かったですね。

 

半病人状態で仕事をこなすのは、本当に辛い。

 

なんとかこの苦しみから脱却したかった。

 

当時はネットなどなかったので、本屋で、

健康関連の本を、立ち読みですが、読み漁りました。

もちろん気になった本は購入しました。

 

それで、健康法健康食品に必然的に興味を、

持つようになりました。

 

そして、インターネットの時代になり、簡単に知識を

吸収できる様になりました。

なので、どんどん健康情報を得たいという欲求が、

エスカレートしていき、健康オタクになっていったのです。

 

 

 

 

 

 

Pocket

投稿日:2018年9月25日 更新日:

執筆者: